こんにちは。
スノーウェイのTAKAです。

先週末はかなりコンディションも良く、初滑りに行かれた方も多かったのでは?

私の初滑りはもうちょっと先になりそうです

なので、少しでもゲレンデに立つことをイメージできるように、週末にスキーに行く際の
持ち物リストをまとめてみました。
※タイトルはスキー/スノーボードですが、基本的にスキーを想定しています。
 すみません。

想定は、泊まりで金曜日夜から行って、日曜日に帰ってくるパターンです。
【必須持ち物】
・スキー板
・ストック
・ブーツ
・ウェア上下(電車で行くときは、上は着ていきます。)
・ゴーグル
 (晴れ用とくもり用の2つを持って行く事もります。)
・毛糸帽子
・手袋
 以前はちゃんとした物つかっていたのですが、ここ最近はもっぱらこれ。
 リフト係の人とかも使ってますね。




・スマホ用手袋
 上のグローブの下にはめてます。リフト上でスマホいじるのに最適です。


・タイツ
 以前は、ヒートテックでしたが、最近はskinsに変更しました。
 保温性及び疲れを考えると投資価値は十分にあると思います。
 友人の中にはアンダーアーマー派も多いです。


・ロングスリーブTシャツ
 こちらもヒートテックからの買い替え。動きやすいし、気に入ってます。

【追記】ちなみにアンダーアーマーだと、こちら。値段も安いです。

・Tシャツ3枚
・パンツ3枚
・靴下3足(ナイターの場合+1)
 最近はブーツの性能がいいので、あまり厚手のソックスではなく、
 普通のソックスを持って行ってます。

・薄手の短パン
 宿ではくのと、タイツの上に履いてます。
・大きめタオル
 宿にタオルが無いところが多いので、念のため持っていきます。
 夜に濡らして、干しておくだけでも乾燥対策になります。

・洗面用具
・リップクリーム(日焼けどめ効果のあるもの)
 
【あると便利】
・無印良品のヘアバンド
 タオル地の500円くらいのものを使ってます。滑るときは、首に巻いて、
 寒い時には、フェイスマスク代わりに使えます。お昼には、ヘアバンドとして使用できます。

・ぬれマスク
 加湿器入れてからはあまり使わないのですが、車での仮眠時や飛行機での移動時につけてます。
 風邪引くと、大事な滑走日を棒に振ってしまいますからね。念には念を入れます。
 ハーブタイプもあるのですが、匂いが気になるので、基本無香です。



・加湿器
 これは、最近はもう必須の持ち物ですね。これで、宿でも快適に過ごせます。
 でかいペットボトルをさして使ってます。

 こういうのもあるようです。間違って飲みそう。車にいいかもです。
 

・電源タップ&USB充電器
 宿でみんながスマホの充電などを使うとすぐ電源が足りなくなるので、これを持っていきます。
 小さいのでかさばりません。これに、下のUSB充電付きタップつけて使ってます。

 

・バンテリン
 特にシーズンはじめは筋肉痛がひどいので、夜にこれ塗って、翌日の筋肉痛を抑えます。

・コップ
 部屋でお酒飲むのに使ってます。お茶用のコップがある宿もあるのですが、
 味気ないのでコップは持っていくようにしてます。



・乳液+化粧水
 いつもおもったより日焼けしているのと、肌がかさかさになるので、
 化粧水と乳液を持っていくようにしてます。

・日焼け止め
 春スキーには必要ですね。

・カイロ
 貼るカイロは背中に張ってます。これに何度助けられたか・・・ 
 普通のカイロは、ビデオカメラとかと一緒にポケットに入れてます。
 寒くなると急激に電池の持ちが悪くなるので、少しでもあたためると持ちが違います。


・カラビナ&ペットボトルホルダー
 小さいペットボトルをつけて滑ってます。たまに脱水っぽい症状になるので、
 水分を常に取るようにしています。
 ただ、凍ることがあるので、友人は毛糸で作ったカバーをかけて防いでいます。


・ドライバー&栓抜き
 上のカラビナにつけて常に持っています。ビンディングのちょっとした調整に使えます。
 栓抜きは、地ビールを試すときに重宝しています。

 ナイフがついてると飛行機に乗れないので、これを愛用しています。



・ビデオカメラ
 滑りのチェックには欠かせないので、滑りながらも取りやすいガンタイプの
 ビデオカメラ「xacti」を愛用しています。
 現在はサンヨーが買収されたことで、panasonicブランドでの販売しかないですが・・・




【番外編】
・スキーケース
 普段は車で行くので、ケースは使わないのですが、飛行機や電車を使ったスキーには、
 ブーツを含めてオールインワンで収納できるケースを愛用しています。飛行機での旅行や
 最近はLCCでのスキースノーボード旅行が増え、荷物の持ち込み規制が厳しく料金も高くつくので、
 事前に送ることにしています。
 ただ、スキーの場合、板とブーツ及びウエアを別々に送るので、2個分の料金が取られていたので、
 こちらを使うようになって1つ分の荷物として送れるようになりました。

 
※ヤマト運輸でもケースに関しての料金改定があり、うれしい限りですね。
スキー宅急便の商品改定について【ヤマト運輸】
★SWIX 〔スウィックスオールインワンバック〕<2013>SG001J-M 〔オールインワンバック 175cm〕〔z〕
★SWIX 〔スウィックスオールインワンバック〕<2013>SG001J-M 〔オールインワンバック 175cm〕〔z〕


・USBシガーチャージャー
 日帰りスキーでは、スマホのバッテリーが帰りまでもたなかったりするので、
 USBシガーチャージャーをつけて、運転中に充電するようにしています。


・モバイルバッテリー
 上のシガーチャージャーと同様の用途ですが、こちらは、電車での日帰りスキー用に
 持っていきます。かなり大容量なので、ipadまで充電可能です。

【追記】さらに低価格で大容量のものが発売されています。

・SONYアクションカム
 こちらは、まだ使ったことがないんですが、今シーズンぜひトライしてみたい商品です。
 友人の滑りを追い撮りするのに最適ですね。
 あとは、ゲレンデレポートに使用してみようかと思ってます。


【追記】アクションカメラについては、別にまとめてありますので、そちらを見てください。
 雪山でのビデオ撮影 ウェアラブルカメラのまとめ

ちょっと電化製品に寄った内容になっていてなんですが・・・

他にもこんな物を持って行ってます!やあれば便利です!的なものがあれば
ぜひコメントくださいね。

ではでは、また。